WorkationPlus ワーケーションプラス

メニュー開閉

Blogワーケーションプラス ブログ

行列ができる働き方改革研究所バックナンバー6「さすがに労働時間の概念も進化したほうがいいと思う話」」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
行列ができる働き方改革研究所 2019/07/28 < vol.6 >
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんばんわ!
夏の間はラクしようとビルケンのサンダルを履いていて
サンダルの跡がくっきりとつく日焼けをしてしまい
懲りずに毎年繰り返しているひとみんです( ^ω^ )

去年は更にひどいことに
ダイビングいったときのウエットスーツの丈が短くて足首が隠れず
炎天下で船の上にいたところ
隠れてなかった部分が真っ赤になって
靴下焼けならぬ、靴下のあるはずのところだけ焼けるという
なんともダサい日焼けをしてしまいました。

ちなみに、一昨日会った友人は
2年前グアムいったときにできた日焼けがまだとれなくて
一生消えないビキニを手に入れたと言ってました( ̄▽ ̄)

みなさんも日焼け、お気をつけください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★今日の目次
(1)時間で働く概念は工場のなごり
(2)ふらりワーケーション体験記(バリ編)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(1)時間で働く概念は工場のなごり

今日もコラム的な感じでお送りします。

弊社は社員の数が非常に少ないので

顧問税務
顧問社労士
顧問弁護士
顧問人事

というように、会社の中に必要そうなものも外注でお願いしています。

この顧問人事やってもらっている方は
今は独立していますが、
それまでは大企業・中小企業の人事を経験してきています。

そこで教えてもらったのが
時間で働く概念は工場のなごりだよ〜ということでした。

どういうことかというと

今、読者の皆様の現職や、昔勤めていた「会社」という組織は
大体が
9:00―18:00(17:00)とか
10:00―19:00とか
8時間労働+1時間休憩+残業
になっていますよね。

営業職だと移動中で、厳密には作業は進んでいないけど
仕事とみなされる時間とか発生しますよね。

明日のミーティングで何話そうかな〜とお風呂の中で考えてる時間は
プライベートだけど仕事っぽいとも言えなくないですよね。

つまり仕事時間がどこからどこまでか切り分けが難しいのに
なんでそもそも時間単位で決められているのかという話なのです。

産業革命時代に工場労働が広まったときは
労働者イコール工場で働く人だったので
工場で働く人達の労働時間を管理する必要がありました。

工場にも色々あると思うんですけど
ベルトコンベアがガーっと流れている光景、イメージしませんか?

ベルトコンベアが流れてないと、工場は稼働してないですよね?
つまりベルトコンベアが流れている時間が労働時間、
止まったらそこで作業が発生しなくなるので仕事終了!

納期が迫っていて、もう1時間工場を稼働させようというときは
きっちり1時間分動かす。

工場労働者のみなさんの勤怠時間というのは
ベルトコンベアが動いた時間で管理され
残業も工場が稼働した分が
そのままカウントされるという仕組みだったんです!

現在の就業時間は過去の工場労働の時間を
そのまま踏襲して、自社に当てはめてアレンジし作られているわけです。

なにが言いたいのかというと
それって古すぎませんか?と (^^;)

パソコン与えて仕事で調べ物してるのか、ネットサーフィンしてるのか
なにやってるかわからない状態の人が
自己申告で残業申請をするのは工場の残業ロジックとは全く違うけど
果たしてそれでいいのか。

クリエイティブワーカーが
朝の9:00―18:00で出社してそのまま机に向かって一日中いることが
ほんとに一番効率的なのか

勤務時間の設定が、ほんとに今の時代でも一番よいのか
考えてもいい時期にきていると思いませんか??

コアタイムがないスーパープレックスとか
労働裁量制+インセンティブ支給とか

組織のおこなっている内容やフェーズによって
変えていくべきだと思いますし
もっとたくさん選択肢がでてくると思います。

働く人にとっても経営者にとっても、よい働き方を各社で模索していくことが
働き方改革の当面の課題なんでしょうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近のWorkationPlusご利用事例(^o^)

某財閥系不動産会社
本社:東京都
利用形態:ドロップイン
利用時間:1時間
利用目的:テレワークにて通常業務。

会社がテレワークを導入しており、テレワーク・デイズ期間は
実施しやすい雰囲気なので、鎌倉方面に今日は行こう!
と決めていて、知人から聞いて来てみた。

また他の人を連れてきたいとのことでした^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(2)ふらりワーケーション体験記(バリ編)

バリのワーケーションの話その6
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
前回までのあらすじ

謎のスラバヤ空港にて足止めをくらったものの
飛行機が動き出してやっとバリへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

夜中の11時すぎ、やっとデンパサール空港へ到着しました。

長かったよ、やっと降りれるよ(;;)

空港着いたらホテルまでの送迎車が待っててくれるので
今日は一刻も早くホテル行って寝よう!
と思っていたのに、荷物受け取りで1時間待たされるという、、、。
機内持ち込みが最良の選択ですね。

空港の出口には
観光客を待っているものすごい数の送迎運転手たちが!
凱旋帰国かと思ったくらいです^^

無事にピックアップされて1時間半くらい車で揺られてウブドにつきました!
真っ暗でよくわからなかったのでその日は就寝!

次の日の朝はホテルの広い敷地の中の緑あふれる素敵なお庭で
朝食とフレッシュジュースをいただいて
もう8割型バカンス満喫したんじゃないかくらいの気分。

日本にいて自称社畜な友達に写真を送りつけたら
「天国か?」
と言われました 笑

そのあとホテルまでガイドさんが迎えに来てくれるのを待ってました。
「着いたよ」とLINEの連絡。

入り口まで行ってみると、
色黒で目ヂカラがある感じの小柄なバリニーズが!

「ハジメマシテ!」

あれ、この人がパン・スギタ(仮)さん?
杉田さんじゃないの?
「日本人か、日系の家族がいるのかと思ってました」
「スギタはこっちにもいる苗字。僕はバツイチです。パンちゃんて呼んでね」

いきなりプライベートなこと聞かされてしまった( °_° )

「パンちゃんよろしく!何も決めてないので遺跡と美味しいご飯食べたいです!」

「OK。遺跡いこう」

〜遺跡探索 入場料300円くらい〜

「時間まだあるね、身体清めたい!?」

「清めたい!(ノリ)」

「わかった!じゃあ沐浴行きましょ」

沐浴、、、、とは?

日本語サイトで検索。
どうやらこれから連れて行かれるところは壁にドラゴンの顔とかがついていて
その口から噴射される水流が小さい滝のような感じで
横に10個くらい連なっている。

ええーーーー
海外に旅行きて、滝行するのか!?わたしは

ワーケーション体験出張、
いきなり身体を清めにいくことになりました。

(続く)

2019 08/09
ブログ記事一覧へ